投資指標は株価のモノサシ!投資判断の参考に

株式投資する上では投資指標も知っておきたいものです。投資指標はいわばモノサシです。モノサシは株価が高いとか、低いとか考える際の判断基準に使えます。そういうモノサシを参考にすれば、とんでもなく割高なものを買うのを避けることができると思います。株価を利益というモノサシでみるPER(株価収益率)資産というモノサシでみるPBR(株価純資産倍率)配当というモノサシでみる配当利回りは覚えておきましょう。

PER(株価収益率)

PER(倍) = 株価 ÷ 1株当たり利益

PERは株価を「1株当たり利益」で割り、何倍になっているかを見る指標です。株価が1,000円で1株当たり利益が100円なら1,000円 ÷ 100円でPERは10倍です。PERが高いということは、利益から見て株価が高いということです。PERが低いということは、利益から見て株価が安いということです。

PERは何倍だから割安、割高という絶対的な基準はなく、市場の平均と比較したり、同業他社と比較したりして判断します。1株当たり利益とは会社の税引き後の利益を発行済み株式総数で割ったものになります。1株当たり利益は今期の予想を使うのが一般的です。

P B R(株価純資産倍率)

P B R(倍) = 株価 ÷ 1株当たり純資産

P B Rは株価が「1株当たり純資産」の何倍になっているかを見る指標です。株価が1,000円で1株当たり純資産が500円なら1,000円 ÷ 500円でPBRは2倍ということになります。P B Rが高いということは、資産から見て株価が高いということになります。P B Rが低いということは資産から見て安いということになります。

PBRが1倍を割るということは株価が資産価値より低いということになります。つまり株を全部買って、会社の資産を売れば利益が出るということになります。資産価値よりは下げないだろうということで、一般的にPBRは下値の目安に使われます。ところが金融危機の株価の下落では東証一部上場の平均PBRは1を割る水準まで下げました。

もちろんPBRは資産から見てどうかという指標なので、単純に低いからお買い得という訳ではありません。業績不振などで株価が下げているなど、低いなりの理由がある場合もあります。1株当たり純資産とは会社の純資産を発行済み株式総数で割ったものです。

配当利回り

配当利回り(%) = 1株当たり(予想)配当 ÷ 株価 × 100

配当利回りは株価に対する年間の配当の割合を見る指標です。株価が1,000円で配当が10円なら配当利回りは、10円 ÷ 1,000円 × 100で配当利回りは1.0%ということになります。配当から見て投資を判断するモノサシです。

— posted by バンバンジー at 05:39 pm